書類を準備していく

住宅エコポイントを申請していくときは専用の書類なども必要になります。
インターネットで、住宅エコポイント専用サイトが設けられているので、そこでも必要書類を確認していくことが可能です。
準備していく書類は、新築物件やエコリフォームなどの施工内容によって異なるので、自身の施工内容に沿った書類を準備していきましょう。
また、交換対象が即時交換の場合も、違う書類を用意していかなければならないので確認が必要です。

新築住宅の場合、省エネ法の基準を満たしているかどうかを証明する為に、「エコポイント対象住宅証明書」か「住宅事業建築主基準に係る適合証」、「フラット35S適合証」のいずれかが必ず必要になります。
これらの証明書は、建てられた住宅が省エネ法に則った施工になっているかを確認する第三者機関が発行している証明書になります。
どの証明書も発行している機関が異なっているので確認していきましょう。
他にも、工事証明書や本人確認書類なども必要になっていきます。
第三者機関が発行する証明書以外は比較的簡単に取得していくことが出来ます。
施工業者に確認をとると準備してくれることでしょう。
また、ソーラーパネルを設置した住宅はメーカーからの「太陽熱利用システムの性能証明書」をもらうとソーラーパネルに付随する住宅エコポイントを取得することが出来ます。
これらの書類が住宅エコポイントを取得する際には必要になっていきます。